シニアの生活において節約は大事。私は100均雑貨を活用することで、節約生活を促進させたいと思い、近所のダイソーに通っています。

 

トイレの便器の裏側に汚れが付きやすく、掃除するのが意外と大変ですよね。そこで、しばらく使っていなかったのですが、タンクの中に入れておく洗浄剤ダイソーで買ってみました。

このタイプのトイレ用洗浄剤で有名なのは「ブルーレット」ですよね。小林製薬がつくっている、いわゆるブランド商品です。

 

「ブルーレットドボン」というネーミングがうまいですね。優秀なコピーライターに多数の案を出させ、その中から選んでいると思われます。

 

で、今回ご紹介するのは、100円ショップの雄「ダイソー」さんが出している、トイレ用洗浄剤です。

 

これが、その「トイレの泡洗浄」。

 

 

ネーミングは「ブルーレット」のようにビシッとは決まっていませんが、満足度の高い商品だと感じました。

 

以下、ブルーレットよりも良いと思われる点をあげてみましょう。

 

ダイソーのトイレ用洗浄剤「泡洗浄」のメリット

 

1)価格がブルーレットの半額以下であること。100円(税抜き)

 

2)大きさが180グラムと大きく(ブルーレットドボンは120グラム)、4人家族で約3~4週間使用可能であること。

 

ブルーレットではなく、ダイソーの泡洗浄を使えば、1年間で1000円以上も節約できることになるのです。