最近、空き時間を利用してスクワットをやっています。

 

60代男子なので、無理をせずに、ハーフスクワットといって、膝を深く曲げるのではなく、中腰程度の曲げ方で続けているのです。

 

もちろん、腰を落とせば筋力は鍛えられますが、膝などを痛める危険性があるので、無理をしないで、ハーフスクワットにしています。

 

ところで、このハーフスクワット、どうして健康維持に効果があるのでしょうか?

脚の筋力が弱ると、膝に負担がかかりすぎて、結局は膝を痛めてしまいやすくなります。

 

膝痛は辛いですからね。

 

では、どうしたら膝の負担を軽減できる筋力られるのでしょうか?

 

スクワットは脚の筋力を鍛えるのに、極めて効果が高い運動だと言えます。

 

これは私が膝を痛めていた時、整形外科に付属しているリハビリテーションセンターで教えてもらったことです。

 

筋肉に電流を流しながら、20分間連続でスクワットをやらされました。

 

おかげで、半月板損傷は完治はしていませんが、ほとんど普通に歩けています。

 

私はスポーツジムに通っているわではないので、場所を選ばずに、いつでもできるスクワットは、健康維持に欠かせない運動となっているのです。