先日お伝えした「5つ断捨離術で、暮らしを自由で創造的に変える方法」に予想外の大きな反響があり、私自身、かなり驚いております。

 

その記事で、心の断捨離、体の断捨離、物の断捨離、情報の断捨離、人間関係の断捨離という5つの断捨離が必要であると私は述べました。

 

断捨離と言いますと、物を捨てることを連想しますが、物を捨てたぐらいでは、心まで解き放たれ、自由で闊達として生活が営めるようにはならないのですね。

 

現代人は、物を捨てることも大事ですが、生活の中に日々侵入してくるものを遮断しなければ、自分を伸びやかに開放できません。

 

断捨離を進める上で、かなり厄介な存在であり、シンプルで心地よい暮らしをかなえようとする時に、真っ先に足を引っ張ってくるものについて、お話しいたします。

その疫病神は、スマホスマートフォン)です。

 

スマホほど便利な情報ツールは、これまでありませんでした。薄く小さな板切れの中に、あらゆる情報便利ツールが詰め込まれているのですね。

 

世界中の人たちが、スマホに飛びつき、スマホはもう生活必需品として人間たちの生活のまん真ん中に居座ってしまったかに見えます。

 

しかし、このスマホは、便利すぎるがゆえに、これほど危険な道具もないのではないか、と私は思っています。

 

人間は弱い生き物で、簡単に中毒症状におちいっていまう。

 

かつては、テレビ中毒、パソコン中毒などが流行りました。タバコ中毒、パチンコ中毒、ゲーム中毒、甘い物中毒など、中毒の種類をあげていったらきりがないほどです。

 

そして今、スマホ中毒なるものが、人間たちを蝕んでいると、思えてなりません。

 

駅のホーム、電車の中、カフェなど、いたるところでスマホをいじっている人たちを見かけますが、あの光景も怖いのですが、あの光景を異常ではなく普通だと感じてしまいそうになる自分の方がもっと怖い。

 

先日、日中にファミレスで紅茶を飲んでいて、気づいたことがあります。

 

それは、一人でいる客、そのほとんどは、スマホをいじってることでした。

 

スマホが実に危ないと思うのは、スマホをいじっていると、何時間でも時間がつぶせてしまうことです。

 

Webサーフィンにはじめり、知人とLINEをしたり、動画を見たり、電子書籍を読んだり、ゲームをしたりと、無数の「ひまつぶし」が、スマホ一つでできてしまう。

 

「それだけ便利だったらいいじゃないの」と言う人がいるかもしれませんが、スマホで時間をつぶしている時間によって失われることがあまりにも大きいと私は危機感を覚えているのです。

 

「スマホを使い続けると危ない」とかねがね感じていた私は、スマホを4年間使って今年ようやく解約しました。

 

しかし、仕事でどうしても使わざるを得ず、インターネット機能だけ、ルーターを使うことで利用しています。

 

どうして、スマホは断捨離の邪魔になるのか?

 

断捨離の目的は、物を捨てることではありません。物だけでなく、いろんなものを捨てるこで、身も心も解き放ち、創造的で豊かな生活を楽しむためです。

 

本当に豊かであるためには、時には便利ささえも断捨離しなければなりません。

 

スマホのような過剰に便利なツールは、中毒性が高く、何より、人を非生産的な状態に堕落させてしまうのです。スマホは人を受動的にし、みずみずしい感性を奪ってしまう。

 

スマホによって依存症を発症した人は、能動的でクリエイティブな行動を起こせなくなってしまう。

 

スマホの最大の罪は、人の隙間時間を埋めてしまった(奪ってしまった)こと。

 

人にとって実はもっとも豊かな時間は、何もせず、ぼんやりとしている時なのです。

 

小さな板切れをのぞき込むより、空に浮かぶ雲の流れを眺めているほうが、はるかに創造的であり、人間的であると思うのですが、いかがでしょうか。

 

ヒマをつぶせない時、人はかつて人に逢おうとしました。人と協力して、遊ぼうとしました。自分が、相手が最高のオモチャだったのです。

 

スマホは人間を非人間的に変えている。人らしい人を、この世から絶滅させようとしている悪魔であると言ったら、あなたは笑うでしょうか。

 

スマホは人と人とをつながる力があるなんてことは嘘です。スマホでの「つながり」など本当のつながりではありません。

 

スマホには、人が自分を孤独だと感じられないくらい、感覚を麻痺させる力があるだけです。

 

人は本来、孤独です。その孤独と向き合うことに意味があると思いませんか。

 

人間は人間と関わることで、本当の孤独を体感できます。スマホで遊んでいたら、本当の孤独を知ることはなく、創造的な個を確立することもできなくなってしまう気がしてなりません。

 

もっと大らかで、伸び伸びとした暮らしをかなえために、スマホに対する恐怖心を強めることは有益です。

 

仕事で使う必要性がない人は、まず、スマホから断捨離してはいかがでしょうか。仕事でスマホを使わざるをえない人は、スマホに関わる時間をできるかぎり削減すべきです。