今年と去年との大きな違いは、今年にはいって、まだ一度も接骨院・整骨院・整体院マッサージなどに、一度も行っていないことです。

 

そのかわり、スポーツジムに週1回のペースで通っています。本当は週2回、フィットネスクラブに行きたいのですが、なかなか難しい。

 

なぜ、マッサージに行かなくなったかというと?

 

 

マッサージに行かなくなった理由

 

1)効果がほとんどないから。

 

按摩手放し、鍼三日(あんまてばなしはりみっか)」という言葉を、非常に良心的で熱意のある整体師から聞いたことがあります。マッサージは終わったとたんに効かなくなり、鍼(はり)は三日しか効果が続かないという意味です。

 

でも、やってもらっている時は気持ちがいいし、終わった直後は体が軽くなるので、どうしても、マッサージには通ってしまいがちです。

 

私はもう20年以上も、ずっとマッサージに通い続けてきました。

 

リラクゼーションとしては良いのですが、体を健康にする力はないと、心ある整体師さん自らが言っているので間違いないでしょう。

 

2)節約になるから。

 

保険内の治療を続けても、また保険外のマッサージを受けても、どちらも有料なのです。

 

気持ちが良いので、つい行ってしまいますが、月額にすると、侮れない支払額になってしまいます。

 

貧乏シニア節約するのためには、整体院(マッサージ)通いをやめることが非常に重要なのです。

 

3)お目当ての整体師さんがやめてしまったから。

 

流れ作業のように施術をする人が多い中、極めて熱心かつ誠実に施術してくれる整体師(ヒーラー・セラピスト)さんがまれにおられます。

 

私が住む街にも、そういった良心的なヒーラーがいらっしゃったので、ずっと通っていたのです。

 

ところが去年の暮れに突然やめられたので、もうその整体院に通う理由がなくなってしまったのでした。

 

いかがでしょうか。以上が私がマッサージに行かなくなった理由です。

 

では、体のケアはどうしたら良いのでしょうか?

 

自身でスポーツジム(フィットネスクラブ)で、ストレッチ、筋トレ、体幹トレーニング、有酸素運動をやった方が、体には良いことは間違いありません。

 

マッサージに依存しない、強くて、しなやかな肉体を作りたいと思っています。