最近、浪費癖依存症が激しくなっており、自分で時々、性格が「破滅型」になってきた気がしてきて怖いのです。

 

浪費癖とは、要するに経済観念に乏しく、お金をパアパア使ってしまうことで、これがなかなか治りません(汗)。

 

依存症は、これまで、パチンコ依存症、キャバクラ依存症、ライブチャット依存症などにかかったことがあります。

 

それぞれ、自分では克服してきたつもりだったのですが、最近、キャバクラ依存症がぶり返してきて、困っているのです。

 

はてさて、抜け出る道はあるのでしょうか?

そもそもキャバクラ依存症になる人は、お金がものすごくあるわけではないのです。

 

大して金持ちでもないのに、無理をしてキャバ嬢につぎ込んでしまうので、生活がグチャグチャになってしまう。

 

私はというと、今の段階で引き返せばだいじょうぶでしょうけれども、あと一歩か二歩踏み出せば、かなり危ないことになるでしょう。

 

こうしてブログに記事を書いているのは、冷静に自分を見直そうと無意識のうちにしているのかもしれません。

 

私はつくづくと感じるのです。自分は依存症体質なのだと。

 

どうして依存症になりやすいかというと、おそらく、自分の中にある、刹那主義、快楽主義がそうさせているのでしょうね。

 

浪費癖も、自分の快楽主義という猛獣が暴れ出すのだと思います。

 

刹那主義、快楽主義という猛獣をいかに飼いならすか? どうしたら、優れた猛獣使いになるのか?

 

仏門に入るべきか、滝に打たれるべきか、娯楽のない街に引っ越すべきか、人生哲学を根本的に変更すべきなのか……。

 

現実的な対策としては、もうお金が底をつき始めているので、節約モードに切りかえることが有効でしょうね。

 

また、LINEを消してしまうという方法もいいかもしれない。

 

しかし、それらはこれまでやってきて、一時的な効果しかありませんでした。

 

ならば、どうすべきか?

 

それは、本命彼女を見つけて、本格的に交際し、同姓するか、結婚することなのかもしれないと真剣に考え始めています。

 

もちろん、その彼女は、堅実で節約家で冷静な人でなければなりません。

 

もうそろそろ、本当にそういう彼女を決めるべき時が来ている、と言えそうです。

 

浪費癖と依存症から逃れるためには、人格の優れた彼女を見つける、それしかないのかもしれません。