60代から愛しき人生へ

60代から愛しき人生へ

弱くて、欠点だらけの60代独身男子がつづる「成長日記」。いつまでも人生に恋をしていたい。毎日、ワクワク、ドキドキしていたい。

「築地日本海」のランチメニュー「お刺身定食」を食べた感想。

築地日本海」という寿司屋をご存知でしょうか。チェーン店で、「庄やグループ」が経営しています。

 

ネットで検索するといろいろ出てきますので、近くにあったら、おでかけください。損はしないと思います。

 

ここのランチはかなり充実しているので、オススメですよ。 この記事の続きを読む

大戸屋の「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」を食べた感想。

1月1日に、まさか「大戸屋」に入るとは思ってもいませんでした。中野に行ったのですが、行きつけの寿司屋が休みだったので、目の前にあった「大戸屋」に入ったというわけです。

 

さて、今日いただいたのは、期間限定メニュー「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」。

 

久しぶりに大戸屋で食べたのですが、ご飯を普通盛りにしたら、少し量が足りないと感じました。 この記事の続きを読む

水上勉の「土を喰う日々」から得た、食の断捨離(幸せ探し)のヒント

食事を断捨離するとなると、すぐに思い浮ぶのが断食です。

 

断食とは文字のとおり、食べないことです。でも、何も食べないといっても、期間を区切ってのことであり、現実には、何も食べなければ人は死んでしまいます。

 

次に浮かぶ「食の断捨離」は、ダイエットです。

 

これは食事の量(カロリー)を減らすことが基本です。多くの場合、そうしたダイエットが続かないのは、その行為自体が味気ないからではないでしょうか。

 

私がここで語りたいのは、断食でもなく、ダイエットでもありません。

 

「断捨離」という言葉には、余計なものを捨てることで豊かになる、という意味が込められていると思います。減らすことで貧しくなったら、それは断捨離とは言えません。

 

ですから、「食の断捨離」とは、本当の意味で豊かになるための食べ方を指す。即ち、どのように食べて豊かになるかが、断捨離の肝なのです。

この記事の続きを読む