大阪ぐらし」という歌をご存知でしょうか? フランク永井が歌った名曲です、と言ってもピンとこない人が多いかと存じます。

 

 

実は、私自身、それほどこの「大阪ぐらし」という古い歌を知っていたわけではありません。

 

もちろん、数回は聞いたことがあったのですが、それほど強い思い入れはなかったのです。

 

ところが、数日前にこの「大阪ぐらし」を聴いて、完全に魅せられてしまいました。

 

では、この「大阪ぐらし」という楽曲の魅力の秘密はどこにあるのでしょうか?

まずは、YouTubeで「大阪ぐらし」をお聴きください。

 

 

作曲、作詞、歌唱、この3つのすべてが素晴らしいですよね。

 

中でも、石濱恒夫が書いた歌詞には文学的な香気が感じられて、何度も効いても飽きがこないのです。

 

特にサビの部分の歌詞が絶品。

 

娘なりゃこそ 意地かけまする」「おなごなりゃこそ 願かけまする」「めおとなりゃこそ 世話かけまする」「男なりゃこそ ゆめかけまする」という関西弁独特の言い回しに、心がホッと温まります。

 

日本語って、本当にいいもんですね。

 

石濱恒夫の歌詞があまりにも良いので、調べたら、石濱恒夫はあのノーベル文学賞を受賞した川端康成の弟子だったということです。

 

石濱恒夫の本業は作家であり、文学者。自作の小説「らぷそでい・いん・ぶるう」は、芥川龍之介賞候補となりました。

 

石濱恒夫が作詞を担当した「大阪ぐらし」以外の歌謡曲は以下のとおり。

 

「こいさんのラブ・コール」(1959年/歌唱:フランク永井)
「硝子のジョニー」(1961年/歌唱:アイ・ジョージ)
「紅子のバラード」(1964年/歌唱:アイ・ジョージ)
「芦屋川」(1964年/歌唱:イベット・ジロー)
「大阪ろまん」(1967年/歌唱:フランク永井)

 

では、フランク永井の歌唱はどうか?

 

これまた、温かみのある低音がメロディーと合っていて、思わずモノマネをしてしまいそうなくらいです(笑)。

 

ただ、私が「大阪ぐらし」にハマったきっかけとなったのは、藤田まことが歌った「大阪ぐらし」でした。

 

以下のYouTube動画で、数曲目に歌われますので、ぜひ、お聴きください。

 

加山雄三 vs 藤田まこと 競演・大阪の歌メドレー

 

藤田まことの歌唱は、本家のフランク永井の歌唱を超えるほどですね。

 

本当に甘い声がたまりません。

 

この「大阪ぐらし」は、ことあるごとに名曲だと、言いふらして(普及活動して)ゆきたいと思っています。