病院の循環器科で診察を受けた時、血圧の上の数字が196もあり、高血圧症と診断され、その日から、血圧を下げる薬を飲み続けています。これを医学的には「降圧薬服用中」と呼ぶらしい。

 

もう、6年以上は飲んでいますが、一生飲み続けしかないとあきらめかけていたのですね。

 

現在の血圧は、薬を1日1回飲んで、上(収縮期血圧)が140、下(拡張期血圧)が90くらいとなっています。これを医学的には「140/90㎜Hg」と表記するらしい。

 

ところが、最近、人に聞いた話では、副作用があるのでやめるべきだし、実際にやめられるそうです。

 

そう言われると、欲が出てきますね。

 

薬代もばかになりませんし、何よりも、副作用が怖いですから。

 

 

私が飲んでいる薬は、オルメテック20mg

 

 

通常、高血圧症の治療に用いられる。アンジオテンシンIIタイプ1受容体に選択的に作用して、アンジオテンシンIIの結合を競合的に阻害して、血圧を低下させるとのこと。

副作用については、ネットで以下のような記述がありました。

 

・呼吸困難、まぶた・唇・舌の腫れ、蕁麻疹 [血管浮腫] ・尿量減少、むくみ、頭痛 [腎不全] ・手足や唇のしびれ、筋力の減退、手足の麻痺 [高カリウム血症] ・冷感、嘔吐、意識がなくなる [ショック、失神、意識消失] ・全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる [肝機能障害、黄疸] ・鼻血、歯ぐきの出血、皮下出血 [血小板減少] ・発汗、動悸、脱力感 [低血糖] ・筋肉の痛み、力がぬける、赤褐色の尿 [横紋筋融解症] ・そう痒感、全身発赤、血圧低下 [アナフィラキシー] ・吐き気、激しい腹痛、水のような便 [重度の下痢]

 

引用元は「オルメテック錠20mgの効果・副作用」。

 

いかがでしょうか? けっこう、副作用がありますよね。

 

今まで、病院や薬局では、副作用があるということは聞いたことがありませんでした。

 

まあ、あまり怖がって、血圧が高くなってしまったら元も子もないので、薬は徐々にやめる方向で進みたいと思っています。

 

そのためには、ダイエットが必要。適正体重より、10キロ以上もオーバーしていますから。

 

まずは、適正体重に近づいてから、高血圧の薬を病めることを考えたいと思っています。

 

ある期間、スポーツジムに通って7キロほどダイエットできたことがありました。その時は、確かに血圧は下がったのです。

 

オルメテック錠を飲んでですが、上が110台になったのです。その時、医師に相談したら、少しずつ、減らしてゆきましょう、と言ってくれたのでした。

 

それから、リバウンドして、血圧もまた、オルメテック錠を飲んで、上が140、下が90くらいになっています。平均すると、140/90㎜Hg前後です。

 

この数字では、薬はやめられませんからね(苦笑)。