国民年金の銀行自動振り落としを終了したという知らせが日本年金機構から届きました。

 

通知内容を要約しますと、だいたい「あなたは60歳になったので、国民年金を支払う義務がなくなった」ということでした。

 

 

ただ、私の場合、20代の頃、国民年金を払っていなかった時期があり、今のままですと、1円ももらえません。

 

区役所に行って、65歳まで支払いの延長手続きをしてきました。

 

ただ、もう、払う義務は終わっているので、いつ解約しても良いそうです。

 

区役所の窓口の人は、65歳まで払う必要はない、ということを強調され、延長には消極的でした。

 

その後、2回も自宅に電話をしてくれて「いつでも中断できますからね」と繰り返されました。

 

20代の頃は、督促状で追い回された記憶があるのですが、60歳まで支払うと、もう早めに終了しましょうよ、というふうに風向きが変わったことが意外です。

 

あと少し払えば、少ない額でも支給してもらえるので、このタイミングで国民年金の支払いをやめる人などいないでしょう。

 

まあ、まだ現役で働いているので、払えるところまで、払ってゆこうと思っています。

 

ただ、国民年金を支払えるのは65歳までで、それ以降は払いたくても払えないのですが……。