前回、いかに死ぬかを決めることが、いかに生きるかを決めるという話しを書いてみました。

 

もちろん、このまま何もしないで死のうなどとは思ってはいません。

 

もう一花咲かせたいという気持ちはありますし、逆転サヨナラ満塁ホームランとはではゆかなくとも、サヨナラ逆転ヒットぐらいは打ちたいのです。

 

では自分にとって、逆転サヨナラ打とは、何なのでしょうか?

例えば、20代の女の子と同棲するなんていうのもいいかもしれない。

 

ベストセラー作家になり、億万長者にでもなりましょうかね。

 

それか、20キロの減量に成功し、二十代の頃に登った山に再び挑戦するのもいいでしょう。

 

荷物を処分して、リュック一つで旅に出るなんていうのも最高ですよね。

 

などと妄想をふくらませてみるのですが、それほどアイデアは出てきません(苦笑)。

 

でも、いつかやってやるぞ、という気概だけは失いたくありません。

 

青年よ大志を抱け」というクラーク博士の言葉は有名ですが、「老年よ大志を捨てるな」と自分に言い聞かせています。