思わず、ガールズバーに入ってしまいました。

 

ガールズバーとは若い女の子がカウンター越しに接客してくれる飲み屋さんのこと。

 

キャバクラよりは、安価であることが特徴とされています。

 

今夜は独りで居酒屋で焼き鳥を食べて帰ろうと思っていたのですが、ふと寂しくなり、目の前にあったガールズバーに入ってしまったのです。

 

せっかく、恋愛相手からアプローチがあったのに、ガールズバーに入ってしまうとは、情けないかぎりです。

 

しかし、それには理由があるのです……

もう、キャバクラには行かないと誓った私でした。なぜなら、高いので、お金が続かないから。

 

ならば、ガールズバーくらいならばいいだろう(キャバクラの三分の一程度の価格)、そういう気持ちもあったことは確かです。

 

でも、ガールズバーに入ってしまった本当の理由は別にあるのです。

 

これから本格的に付き合いたいと思っている女性と、なかなか定期的に会えません。

 

彼女に直接「付き合ってくれません」とは言っていないのです。

 

向こうの感触を試してみて、乗り気ならば、スイッチオンしたいと考えています。

 

それに現在、彼女は仕事が忙しく、このタイミングで押したら、身をかわされてしまう気がして怖いのです。

 

しかし、いつでも彼女のことを考えているのが現状。

 

好きになり過ぎたら、ふられるパターンにはいってしまいますから、用心しないと。

 

ただでさえ、男は一つ年齢を重ねるごとに、臆病になってゆく動物です。

 

ましてや、61歳独身男子の私など、ウサギ以上に気が弱い。

 

そこで、気を紛らすというか、彼女以外の女性と話す機会を増やし、彼女のことばかり考える自分から脱皮したいと考えたのです。

 

ところが、ガールズバーに入ったら、のめり込んでしまい、一晩で25000円ほど使ってしまいました。

 

本当に、情けない。

 

ここは歯をくいしばって、仕事に専念するとか、勉強するとかしなくてはいけませんよね。

 

キャバクラに行って、何十万円もつかうよりはマシですが、ガールズバーもいかない方が良いに決まっています。

 

でも、精神のバランスをとる意味では、たまに行くぶんには良いかもしれないと感じました。

 

一人の女性にのめりこみ、それによって、引かれたり、かわされたり、嫌われるのが怖いので、少し距離をおいておきたいというのが本音です。

 

ガールズバー以外に、お金をさほど使わずに、寂しさを癒す方法はないものでしょうか?