結婚をしたいので、経済力を強化したいと思っているのですが、はてさて、月収はどれくらいあればいいのでしょうか?

 

実は前回、K子に会った時、「月にどれくらいの収入があればいいかな?」と質問してみたのです。

 

ところが、K子は、それについては答えませんでした。

 

相手が言ってくれなければ、こちらで推測し、判断するしかありません。

 

いろいろ考えているうちに、月収に負けない要素があることに気づきました。

 

それは貯金です。

 

新しい生活を始めるためには、貯金が必要です。新居にはお金がかかりますからね。

 

考えてみたら、貯金はほとんどありません。

 

で、月収ですが、これも心細いかぎりです。

 

このように考えていますと、結婚は遠のいてゆき、姿がほとんど見えなくなってしまった気がしています。

 

現実は厳しいです。

 

貯金と月収。

 

月収の方は上げられると思うのですが、貯金には時間がかかります。

 

月収は100万円以上、貯金は1000万円以上が理想ですが、現実として実現するのはなかなか難しい。

 

全く不可能ではないけれども、それですと、お金を稼ぐことに専念しなければなりません。

 

私はもう62歳ですから、無理はきかないのです。

 

経済的な豊かさを期待しないタイプではK子はないでしょう。

 

ということは、無理しない程度に経済力を高めながら、じっくり付き合ってゆくしかないと思われます。

 

しかし、そういう状態で、K子と付き合えるかどうか、まことに心もとないのです。