コーヒーを断捨離してみました。自宅にコーヒー豆を置かないようにしたのです。

 

理由は、体によくないから、と言いたいところですが、実は、気持ちにゆとりがなく、コーヒーを買いに行かなかったら、そのままになってしまったのですね。

 

要するに、コーヒーを買うのが面倒だと思って買わないでいたら、別に問題は起きなかった、ただそれだけのこと。でも、それが私にとっては大きいことなのです。

 

では、カフェでコーヒーを飲んでいるのかというと、よく行くサンマルクカフェでは、もっぱら、カフェラテを注文しています。これにはほとんどコーヒーは入っていない感じです。ミルクの泡を飲んでいるみたい(笑)。

 

食事がサンドイッチだけなので、コーヒーでは、微妙に空腹感が残るのです。そのため、カフェラテにしていたのですが、そうしたら、コーヒーをいつしかサンマルクでは飲まなくなりました。

 

想えば、私はひどいコーヒー中毒だったようです。何しろ、1日に何杯でも飲んでしまう。ほとんどがインスタントコーヒーですが、お茶では頭が冴えないという理由から、ひたすらコーヒーを飲み続けてきました。

 

しかし、コーヒーの飲み過ぎが、体に良いわけがありません。ドトールコーヒーがかつて「コーヒーは体に良い」ということを盛んに宣伝していましたが、飲み過ぎはいけないでしょうね。

 

今回の思いがけないコーヒーの断捨離によってわかったのは、私はコーヒーが好きなのではなく、惰性で飲んでいただけだということ。悪しき習慣として、コーヒーのがぶ飲みを続けてきたのでした。

 

こんなに簡単にコーヒーをやめられるとは自分でも本当に意外です。忙しいということは、たまには良いことも招くのですね。