昨日、夕食をK子とともにしました。

 

私が62歳の自営業、K子は45歳の介護士です。

 

2人だけで食事をするのは、2回目。

 

話は大いにはずんだのですが、早くもドキッとする言葉を言われて、ビビりました。

 

K子が別れ際に言ったのは、次の言葉です。

 

私は、人を好きになるのに、3年くらいかかるんですよね。

 

何だか、急に距離をおかれたみたいで、ショックでした。

 

その言葉が、胸に刺さったままで、今日一日、落ち込んでいたのです。

 

頭もよく、機転がきくし、努力家。血液型はA型で、生真面目です。

 

こういう女性が放った言葉は、侮れません。

 

現在、K子は、私と本格的に付き合うかどうか、激しく葛藤していると思われます。

 

だから、距離をとろうとしている。

 

つまり、手放しで、私のことを好きなわけではないということです。

 

けっこう、性格的にキツイ面があるし、また癖も強いように思います。

 

私の方は、付き合う気満々だったし、今も変わりませんが、ビビっていることは確かです。

 

これは、そう簡単には事が運びそうもないな、と思い始めています。

 

一言でいえば、「前途多難」なのです。

 

私にとっては、ラストラブのつもりだったのですが、相手は一癖も二癖もある女性みたい。

 

60歳を過ぎてからの恋愛、そして結婚は、決してラクではありませんね(冷汗)

 

とんとん拍子に進むかもと期待した私が馬鹿でした。

 

このまま前進するか、退避するか?

 

もちろん相手の出方もあるので、しばらくは様子をみたいと思っているところです。

 

今日乗ったタクシーの運転手にこの話をしてみたら、以下のように応えました。

 

そういうことを言う女性の方が信用できますよ。いいことばかりいって、金をせびる女が多いですからね。

 

ふっと救わたような気持ちになったのですが、果てして、この恋の行方は?