60代から愛しき人生へ

60代から愛しき人生へ

弱くて、欠点だらけの60代独身男子がつづる「成長日記」。いつまでも人生に恋をしていたい。毎日、ワクワク、ドキドキしていたい。

葛根湯(かっこんとう)のメリット。他の風邪薬より優れている点とは?

マスクの着用、帰宅後のうがいだけでは、私の場合、風邪を予防することできないようです。

 

寒気がしたな、と感じたら、すぐに葛根湯を飲むことにしました。

 

 

葛根湯は最も親しまれている漢方薬で、以下の7つの生薬からできているのです。

 

葛根(カッコン)
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)

 

風邪のひきはじめめで寒気がする時、また、頭痛や肩こり、筋肉痛、じん麻疹などに効くといわれています。

 

葛根湯が他の風邪薬に比べてオススメな点は何かというと、以下のとおりです。 この記事の続きを読む

60代で大病の心配がない意外な理由とは?

最近、大きな病気の心配がないのがラッキーだと感じています。

 

思えば、私は30歳を過ぎてから、10年ごとに大病を患ってきました。

 

30代で「うつ病」「胆石」「脂肪肝」、40代で「腎臓がん」、50代で「いぼ痔(痔核)」「高血圧」。

 

「うつ病」「脂肪肝」で入院し、「胆石」で手術。「腎臓がん」「いぼ痔」で手術を経験しました。

 

ところが、現在、私は61歳ですが、入院とか手術の心配はありません。

 

ふつうは年齢を重ねるごとに、重篤な病気にかかりやすくなるはずですよね。

 

なぜ、シニア世代になって、大病する心配がないのでしょうか? この記事の続きを読む

「大阪ぐらし」は石濱恒夫の歌詞とフランク永井(藤田まこと)の歌唱が秀逸。

大阪ぐらし」という歌をご存知でしょうか? フランク永井が歌った名曲です、と言ってもピンとこない人が多いかと存じます。

 

 

実は、私自身、それほどこの「大阪ぐらし」という古い歌を知っていたわけではありません。

 

もちろん、数回は聞いたことがあったのですが、それほど強い思い入れはなかったのです。

 

ところが、数日前にこの「大阪ぐらし」を聴いて、完全に魅せられてしまいました。

 

では、この「大阪ぐらし」という楽曲の魅力の秘密はどこにあるのでしょうか? この記事の続きを読む