60代から愛しき人生へ

60代から愛しき人生へ

弱くて、欠点だらけの60代独身男子がつづる「成長日記」。いつまでも人生に恋をしていたい。毎日、ワクワク、ドキドキしていたい。

60歳を過ぎてから、お金をかけないで楽しめる趣味は?

自宅でじっとしていれば、お金は使いません。でも、何もしないでは寂しいではありませんか。

 

何かをしようと思うと、問題になるのが費用です。つまり、お金がかかってしまう。

 

私の主な趣味に、映画ドラマ鑑賞があります。

 

経済的にゆとりがあった頃は、高価なDVDボックスをじゃんじゃん買ったものでした。

 

しかし、引っ越しの時に、処分してしまいました。狭い部屋に引っ越すため、大量のDVDを収納するスペースがなかったからです。

 

ときどき、古い名画や名作ドラマを無性に見たくなる時があります。でも、その度に、DVDを買っていたら、経済的にも、収納的にも、まずいわけですね。

 

私が住んでいる街には、DVDレンタル店が1件しかありません。そこそこ品揃えは抱負なのですが、ライバル店がないので、やたらと高い。そして、自宅からは20分程度、歩かなければなりません。

 

そうなると、VODビデオ・オン・デマンド)を活用するしかないわけで……

この記事の続きを読む

葛根湯(かっこんとう)のメリット。他の風邪薬より優れている点とは?

マスクの着用、帰宅後のうがいだけでは、私の場合、風邪を予防することできないようです。

 

寒気がしたな、と感じたら、すぐに葛根湯を飲むことにしました。

 

 

葛根湯は最も親しまれている漢方薬で、以下の7つの生薬からできているのです。

 

葛根(カッコン)
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)

 

風邪のひきはじめめで寒気がする時、また、頭痛や肩こり、筋肉痛、じん麻疹などに効くといわれています。

 

葛根湯が他の風邪薬に比べてオススメな点は何かというと、以下のとおりです。 この記事の続きを読む

60代で大病の心配がない意外な理由とは?

最近、大きな病気の心配がないのがラッキーだと感じています。

 

思えば、私は30歳を過ぎてから、10年ごとに大病を患ってきました。

 

30代で「うつ病」「胆石」「脂肪肝」、40代で「腎臓がん」、50代で「いぼ痔(痔核)」「高血圧」。

 

「うつ病」「脂肪肝」で入院し、「胆石」で手術。「腎臓がん」「いぼ痔」で手術を経験しました。

 

ところが、現在、私は61歳ですが、入院とか手術の心配はありません。

 

ふつうは年齢を重ねるごとに、重篤な病気にかかりやすくなるはずですよね。

 

なぜ、シニア世代になって、大病する心配がないのでしょうか? この記事の続きを読む